2018年04月21日

「目玉焼きの丸かじり」について

おはようございます太陽

今回は、「目玉焼きの丸かじり」 東海林 さだお 著 文春文庫 です。本

シリーズ 第37弾!

ko-taro-は、 東海林さだお さんの このエッセーが好きです。


このシリーズは、数冊読んでますが、残念ながら、シリーズすべてを読破していません。

この本の存在に気付いたのは、数年前のことなので、もっと早く気付いて読んでいれば…。

と、後悔しています…。


ko-taro-は、東海林 さだお さんのエッセーを読んで、実際にやってみたりしたことがあります。

実際にやってみれば、著者の主張がよくわかるだろうなぁ~と思って。

稲荷ずしについてのエッセーだったかな~?

著者と同じ気持を体感できました。にこにこ


文章が自然体で、読みやすくて、親しみやすい。

それに、食にたいする著者の好奇心が尽きることなく、わき水のようにコンコンと出てくるのには、驚きます。


  

Posted by ko-taro- at 09:00Comments(5)

2018年04月10日

「食と日本人の知恵」について

こんにちは太陽

今回は、「食と日本人の知恵」 小泉 武夫 著 岩波現代文庫 です。本

ko-taro-は、岩波の本が基本的に好きです。

歴史が古くて、格調高いような…、読み切るとなんだかよくわからないけれど。

なぜか、賢くなったような気分に浸れる。

そんな、岩波文庫、岩波現代文庫から見つけてきた1冊です。


食にまつわる日本人の知恵を、それぞれに分類して章だてして書かれています。

が、基本的に「食」にまつわるエッセーなので、どこから読んでもさしつかえありません。

気に入ったところを見つけて読んでも…。

学術的なので、多少の薀蓄がちりばめられていますが…。

特に、発酵や微生物についてのエッセーは、顕著です。

文章だけではなく、ところどころに江戸時代の暮らし・風俗の絵が差し込まれているので、それを見るのも面白いかと思います。


読んでいて、日本人の食に対する加工技術や調理の知恵など、あまりに日本人をほめちぎるので…。

読者のほうが、ちょっと恥ずかしい気持ちになるくらいの本です。

スーパーやコンビニが普及して、簡便性の高い食品が主流になってきましたが。

この本を読んで、「へ~~~~~っ」と思ったり、実際に食材を買ってきて調理してみるのも、たまにはいいのかも知れません。

こんなに、ほめちぎらているのですから、日本人のプライドにかけて、たまにはね…
わーい












  

Posted by ko-taro- at 14:29Comments(0)

2018年03月20日

「大地の子 四」について

こんばんは傘

前回のつづきです。

「大地の子 四」 山崎 豊子 著 文春文庫本 です。

大地の子、読み終えました。しっしっし

読み終えた全体の感想は、著者の気迫のこもった、

読み疲れしない…。

読み飽きない…。

つづきが気になる!

凄い本でした。

長編小説は、読み疲れしたり、飽きたりしてくるので、どんな本でも最後まで読み切ることを目標にしているko-taro-は

無意識に避けていたような気がします。

だからこそ、この本はたくさんの人たちに読んでほしいと思いました。

ko-taro-、本を読み終わるころには涙がこみ上げてきました。

それから、巻末の取材協力や参考文献の多さにも驚きますよびっくり

  

Posted by ko-taro- at 18:38Comments(2)

2018年03月13日

「大地の子 三」について

おはようございます太陽

今回も、先回のつづきです。

「大地の子 三」 山崎 豊子 著 文春文庫 本です。

仕事の休憩中に読んでいるので、なかなか読むスピードが上がりませんが…。

陸 一心も、過酷な境遇に会いながらも、養父母の愛情を受けて成長し、中日共同プロジェクトにかかわる仕事をするまでになります。

そんな陸 一心 は、 36年ぶりに妹とめぐりあうことができます。

その妹は、童養媳として買われ、幼いときから一家の労働力としてこきつかわれ。

みじめな生活をおくっていました。

同じ「戦争孤児」でも、陸 一心のような「戦争孤児」は、まだ恵まれているほうであり、大半は、陸 一心の妹のような人生を
送っている。

戦争とは、なんという惨いことをひきおこすのか…?

あらためて、戦争は絶対してはいけないと思いました。



  

Posted by ko-taro- at 10:17Comments(0)

2018年02月28日

「大地の子 二」 について

こんばんはくもり

今回は、前回のつづきです。

「大地の子 二」 山崎 豊子 著 文春文庫 本 です。

一巻目は、陸 一心の 戦争孤児になってから労改での過酷な状況について書かれていました。


二巻目は、その労改から救いだされ新たな人生を歩み出します。
(この労改から救いだされること事態、奇跡的ですが。)

日本人の血が流れていることが…。
日中共同の大プロジェクトに加えられます。

そして、陸 一心 との血のつながりがもっとも強い人が、目の前に現れます。

あまり詳しく書くと…。

というか、筋道立てて説明するのが、ko-taro-は苦手なので。

下手くそな感想を読んで、興味をもたれた方が、もし、いたならば。

是非、読んでみてください。

今のテレビの「ドラマ」より、奥深くて…。

本好きのko-taro-も、読み応えがあります。
つづきが楽しみです。にこにこ







  

Posted by ko-taro- at 21:57Comments(2)

2018年02月14日

「大地の子 一」について

こんばんは三日月

今回の本は、「大地の子 一」 山崎 豊子 著 文春文庫 です。本

原作を読む前に、NNKのBSで放送していたのを見たので、だいたいの内容は知っているのですが…。

それでも、原作を読んでみたくなったので4巻すべてそろえました。


陸 一心の壮絶な人生は、ko-taro-の乏しい想像力を駆使して表現するには難しい…。

ko-taro-が、もし、陸 一心 だったら精神的にも肉体的にも追い込まれた状況で耐え抜くことができるだろうか…?

そして、耐え抜いて生き延びることができるだろうか…?

ko-taro-の過ごした人生で、ここまで追い込まれたことがない。

人は誰でも生きていれば、良いことやイヤなことを多かれ少なかれ体験しますが。

この本読んでいたら、ko-taro-の人生はたいしたことないなぁ~。と改めて思いました。



この本を一番気に入ったところは、多数の関係者を取材して、登場人物や関係機関など、事実に基づいて書かれている小説であるところです。
  

Posted by ko-taro- at 22:43Comments(0)

2018年02月01日

「麺の歴史」について

こんばんは雪だるま

さむいですね…。

ko-taro-の家の周りは、白銀の世界です。
明日の出勤が心配です。


さて、今回の本は「麺の歴史」 安藤 百福 監修 奥村 彪生 著 角川ソフィア文庫 です本

帯に、「たかがラーメン、されどラーメン!」
とあります。

ko-taro-は、一日一麺といったら言い過ぎか…?
いや、言い過ぎではない、最近はもっぱらカップラーメンが多いですが、必ず食べている気がする…。

手っとり早くて、スープまでしっかり飲みほすと、結構お腹が膨れるのです。笑顔汗
そんなわけで、この本に惹かれたんです。


サブタイトルに、ラーメンはどこから来たか。

と書いてあります。

その答えは、古代中国から伝わってきたのですが…。
その麺が日本においてどのように進化して、国民食と言って差し支えないほど浸透し、
カップラーメン、インスタントラーメンが世界中に広まった過程が書かれています。

安藤百福さん監修なので、「チキンラーメン」も登場します。

昔、ko-taro-はハワイでカップヌードルを食べたことがあります。
日本のカップいヌードルよりも、ビーフ味というのか…?味が違い。
麺も短く、熱湯でなくても麺がふやけて、ko-taro-の口にはイマイチだったのを覚えています。

巻末には、麺の作り方も書かれていますョにこにこ

ラーメンの好きな人、一度読んでみてください…。





  

Posted by ko-taro- at 21:32Comments(3)

2018年01月13日

「遠い山なみの光」について

こんばんは。三日月

今回は、「 遠い山なみの光」 カズオ イシグロ 著 小野寺 健 訳ハヤカワ文庫です。本

そうです。ノーベル文学賞を受賞した作家さんの本です。

ニュースで話題になり、書店では、大々的にコーナー化されて
いましたが…。

ブームと言うのか…?
時間とともに縮小されて、本屋さんの文庫コーナーの片隅に追いやられ。

熱しやすく、冷めやすい国民性の性ですかね?
なんとも、さみしい限りです。


そんなことはさておき。

読んでみると…。
戦後間もない長崎が、この小説の舞台です。
ko-taro-は、この時代を想像してしまったせいか、登場人物や背景が
頭の中で、モノクロ映画のようになってしまいました。

個性の強い、母娘との出会いが…。
そして、悦子と佐知子の会話のちぐはぐさがこの小説の魅力を引き立てます。

日本人の作家さんですが、日本人の書く小説と一味違う雰囲気を醸し出している小説だと思いました。  

Posted by ko-taro- at 21:30Comments(0)

2018年01月02日

「殺したい蕎麦屋」について

こんばんは三日月

あけましておめでとうございます。

今回の本は、「殺したい蕎麦屋」 椎名 誠 著 新潮文庫 です。<img src="http://boo-log.com/img/face/195.gif" style="width:15px;height:15px;margin:0px;padding:0px;border:0px;vertical-align:text-bottom;" alt="本" title="本"/>

タイトル見ると、ちょっと「ドキッ」としますが…。

ko-taro-の好きな作家さんです。にこにこ


椎名 誠さんのエッセーは、今まで数冊読みました。

そんな中でも、今回は共感することが多かった1冊です。


犬の生活も、鎖でつながれ…?

あっ、最近はそんな姿はあまり見かけなくなったなぁ。

家の中で飼われたり、散歩で雨が降っているときは、合羽のようなもの着ていたり…。

まさしく、家族同然!!

のように生活している犬のほうが多いのかな?

でも、さまざまな理由で飼えなくなり、殺処分される犬も多いのもまた事実。

海外で生活している犬たちは、モンゴルの草原を駆けまわったり…。

極寒の地で、力強く生きている犬。

血統書など、無縁の犬たちです。

狭い空間に、閉じ込められることなく…。

人間に極端に束縛されることもなく自由に生きている…。

犬にとって、どっちが幸せなのか、「犬」に聞いてみなければわかりませんが。

ko-taro-が、もし犬だったら「束縛されることなく自由に」生きたいです。


タイトルの殺したい蕎麦屋の段は、

駅の立ち食い蕎麦屋なら、500円も出したらお釣りが来そうな量なのに、なぜ、そんなに高いのか…?

しかも、蕎麦屋に合わないBGMがかかっていたら…。

考えただけでも、ko-taro-だったら2度目はありません…。

こだわりも、度が過ぎるとお客にとっては不愉快極まりないんですね。

ko-taro-は、そういうお店に入ったことがないので、無縁かな?

でも、飲食店で一人前税込千円超えるとちょっと抵抗があります。

最近のカップラーメンや冷凍食品と、ついつい比べてしまい、はたしてそれだけの値段を払って食べる価値があるのか…?

と思ってしまうことがよくあります。



  

Posted by ko-taro- at 22:29Comments(0)

2017年12月12日

〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓について

こんばんは三日月

今日は、寒いですね。ペンギン

日本海側では、大雪で大変です。雪

今年は、雪が多そうですね。

車の運転気をつけなければ…。


さて、今回の本は、〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓 小谷 みどり 著 岩波新書 本です。
この本を買った理由は、「タイトル」に凄く興味があったからです。

ko-taro-の両親も、高齢で近い将来、避けて通れないテーマなので。

こんなこと書いているko-taro-自身が、自分が死んだらどうしたらいいのかなぁ?と思ったので。


「終活」なんて言葉や、テレビを見ていると、たまに葬儀会館のCMをみたり、聞いたりするようになりました。

今の時代は、親戚付き合いや地域社会、近隣住民のつながりが希薄になってきて、火葬のみのお葬式や、共同墓地に納骨したり、

身寄りがいても、遺骨の引き取りがない場合もあるそうです。目

お葬式やお墓も、時代の変化に対応しきれていないさまざまな問題点が見えてきます。


この著者の結論は、死後を託せる人を探し、信頼関係を築いておくことが、元気なうちにできる自助努力であり、生前準備なのではないだろうか?
と書いていますが…。

ko-taro-の意見は、ちょっと違います。

乱暴な言い方をすれば…。

今の時代、お葬式やお墓について、これだけ問題点が出てきたならば。

「葬送税」なるものを作って、国民から均等に税金を徴収し、各自治体で葬儀やお墓の運営・管理ができる制度を作ったほうがよいと思いました。  

Posted by ko-taro- at 18:27Comments(2)