2018年11月18日

「読書と日本人」について

こんばんは三日月

今回の本は、「読書と日本人」 津野 海太郎 著 岩波新書です。本

岩波新書にしては、ラフな書き方をする著者です。

こういう書き方は、他の出版社の新書でよくお見かけしますが…。

岩波新書も、時代の流れにはさからえないか…?


この著者の言われるとおり、

ko-taro-の好きな「かたい」本が、本屋さんに行くとよくわかるのですが…。

売り場面積は、年々縮小されているのがよくわかります。

しかも、売れている形跡はほとんどない…。

確かに、手にとって読もうとすると…、

本が、すごく分厚かったり…、字が小さかったり…、おまけにやたらと注釈が多かったり…、専門用語の乱用など…、と読みにくい。

そこのところにも、本好きを遠ざける原因があるのでは?

と、ko-taro-の個人的な分析です。



「売れている本」がいい本とは、ko-taro-はまったくそう思っていません。

何回か、「何万部突破!!」とか、「今、話題の本」とかいう、帯に騙されて読んだ経験から…。

読んでガッカリしたことが数回あります。

ko-taro-の好奇心にこたえてくれる本が、自分にとって「いい本」だと思っています。


現在は、「電子本」などというものがあるらしい…。

ko-taro-は、興味がないので一生手にすることはないと断言します。

利用の仕方がそもそもわからない…。号泣


この本の感想に、ほとんどなっていませんが。

ko-taro-は、紙を1枚1枚めくって読む「読書」が好きです。













  

Posted by ko-taro- at 21:19Comments(0)

2018年10月25日

「ソーメンと世界遺産」について

こんにちは晴れ

今回の本は、『ソーメンと世界遺産』 ナマコのからえばり 椎名 誠 著 集英社文庫です。

椎名 誠 さんのエッセイは、好きなので今までにも数冊読んでいます。

今回も、クスクスと笑いながら読みました…。にこにこ

「交通安全週間の偽善」では、確かに交通安全を呼び掛けるパレードで、交通事故が減るのであれば意味があるのだろうけれど

交通の邪魔になるようなことは、やめたほうがいいよなぁ。とおもったり。

あっ、話は私事になりますが、

つい最近、ある田舎の地区の直線道路で、朝っぱらからしかも通勤時間帯に、ネズミ捕りをお巡りさんたちがやっているんです。

お巡りさんもお仕事でしょうが…。

その道を車で走っている、一般市民も、お仕事で急いでいるのですョ!

お巡りさんのやっていることは、嫌がらせとしか思えません。

普段なら車がスムーズにながれる道路が、ノロノロ運転で数珠つなぎになっていました。怒った

お巡りさんに、一言いいたい、「理不尽なことはやめていただきたい」

このエッセイ読んでいたら、つい、思いだしてしまった。

「友好安心距離」では、へ~~っ、知らなかった。と関心したり。

「履歴書の趣味欄」では、そもそも、履歴書って必要なのか?とおもったり。

この本のタイトルの「ソーメンと世界遺産」では、地球という惑星全体を「人類遺産」として考えなきゃいかんよという言葉に
納得したり。

楽しく読むことができました。

また本屋さんに行って、椎名誠さんの著書を探して買って読もうと思います。




  

Posted by ko-taro- at 12:41Comments(0)

2018年10月09日

「フェイクニュースの見分け方」について

こんばんは三日月

今回の本は、「フェイクニュースの見分け方」 烏賀陽 道弘 著 新潮新書本です。

帯に、新聞、テレビ、ネット、雑誌、コメンテーターetc. 嘘にはもうウンザリだ。とあります。

最近は、情報があふれていて、何が事実なのか…?

自分で判断しなければならない状態になっています。

テレビで報道されているニュースは、事実なのか…?

新聞に書かれている内容は、事実なのか…?

情報番組で伝えている内容は、事実なのか…?
コメンテーターの発言は、なんか胡散臭くて、信じていません…。

ko-taro-は、何かと疑ってかかるようになってきました。

この気持ちに答えてくれるのが、この本です。

巷にあふれる情報の選別法を教えてくれます。

テレビの見かたや新聞の読み方などが、この本を読んだら変わると思います。


  

Posted by ko-taro- at 23:47Comments(0)

2018年10月02日

「隠し剣 孤影抄」について

こんにちは太陽

今回は、「隠し剣 孤影抄」 藤沢周平 著 文春文庫です。本

ko-taro-の得意分野ではありません。(得意分野は、何だろう…?今、ふと考え込んでしまいましたが…がーん



ko-taro-は、時代劇は好きなので、テレビ放送があるとよく見ていました。

なので、時代小説は読んでいても苦になりません。


この本は、八編からなる時代小説です。


藤沢周平さんのこの作品は、主人公が剣の使い手でありながら、どこか影を持っていたり、人間の弱い一面をさらけだしています。

大河ドラマに出てくる主人公や勧善懲悪の時代劇とは、全く違った雰囲気を持っています。

うまく表現できませんが、読んでいてホッとしたり、すごくむなしくなったり…。する小説です。

興味のある方は、自分の目で確かめて見てくださいね…。元気





  

Posted by ko-taro- at 16:54Comments(0)

2018年09月08日

「ウ二はすごい バッタもすごい」について



こんばんは三日月

日中は、まだまだ暑いですが、

夜になると「虫の声」が聞こえるようになってきました。にこにこ


今回の本は、「ウ二はすごい バッタもすごい」 デザインの生物学 本川 達雄 著 中公新書 です。本

ウニはすごい バッタもすごい ? 何がすごいのだろう…?

と、思って本屋さんで手に取ってしまい、衝動買いしてしまいました。


読んでみると…。

テレビなどでやっている動物番組とは随分違う、多分、ネットで調べてもここまで詳しく書いてないだろうなぁ。

生物の体の仕組みを教えてくれる本です。

ko-taro-の特に興味を引いたのは、貝類の体の仕組みやなまこの体の仕組みについて書かれていたところです。

体の仕組みがよくわからない、生態がよくわからない生物なので、そういう生き方をていたのか…?

と、驚きました。びっくり

東工大の講義に使われていた内容らしいので、難しいですが…。

巻末に載っている『褒め歌』が、取り上げた動物の特徴を簡単に説明しているので、そこのところだけ読んでもいいのかなぁ?
と思います。


  

Posted by ko-taro- at 22:14Comments(0)

2018年08月21日

「世界の食べもの」について

こんにちは太陽

ko-taro-の繁忙期第一段!!は、無事乗り切ることができました。汗

食欲もいまいち湧いてこない状態のなか、読んだら食欲が湧くかなぁ~。

と思いながら…。

今回は、「世界の食べもの」 食の文化地理 石毛 直道 著 講談社学術文庫です。本

世界の食べものとありますが、本の半分くらいは、日本の食文化について書かれています。

前半は、朝鮮の食事や東南アジア諸国(フィリピンやマレーシアなど)の食事、オセアニアの食事について

書かれています。

食事の写真などがあると読んでいてイメージしやすいのになぁ~。と思っていましたが、あとがきを読んでみると、

この本の元本、週刊朝日百科 「世界の食べもの」 には、写真がついていたらしい…。

ちょっと、残念な気分になりました。

元本の存在を刊行された当時に知っていたら、この本ではなく、元本のほうを買っていたかもしれません。

後半は、日本の食文化とその変化について書かれています。

米、酒、麺やお茶の歴史に触れ、世界にそれらがどのように広がったのか?

著者は、ちゃっかりしていて、そのことについてもっと詳しく書いた自分の本の宣伝も挟み込んでます。

著者にちょっと対抗して、ko-taro-の読んだ本で、2冊ほど紹介します。

1冊は、「麺の歴史」 奥村 彪生 著 角川ソフィア文庫。

もう一冊は、「すしの歴史を訪ねる]日比野 光敏 著 岩波新書です。

「世界の食べもの」の、11章と12章の補足になるのでは…。と勝手に思っています。

実際に、現地に行って食べてみるのが、一番良いのでしょうが。
美味しいものを食べながら、世界の食べものを想像して読んでみてください。


なんか、このブログ書いていたら、お腹がすいてきたので、昼ごはんにします。ラーメン

















  

Posted by ko-taro- at 13:20Comments(0)

2018年08月02日

「唐招提寺全障壁画」について


こんばんはがーん

夜なのに、この暑さはいったいなんでしょう….がーん

熱帯雨林の中にいるようです。


さて、今回は「唐招提寺全障壁画」 東山 魁夷 小画集 東山 魁夷 著 新潮文庫 です。本

去年の今頃、豊田市美術館で、東山 魁夷の作品の展示があったので、見にいきました。

精神的に疲れてもいたので、癒しを求めて…。


豊田の地方の美術館の展示なので、そんなに混んでいないだろう…。と

気楽な気持ちで、見に行ったらビックリ目

平日なのに、人がいっぱいで、昼間の最も暑い時間に行ったのに。

意外と通路が狭かったので、乗り物酔いみたいな感覚におそわれました。

美術館は静かでゆったりと観賞できるものだと勝手に思い込んでいたので…。

こういうこともあるんですね…。

観賞し終わって、関連グッズのコーナーで、本が売られているのを見つけて。

買ったのが、この本です。

そういえば…。

以前、安城で伊東若冲の展覧会も見に行ったときも、同じ感覚でした。

そこでも関連グッズが販売されたいましたが、

そこでは、万単位の本も売られていました。

話がそれましたが、750円(本体価格)で、美術館で展示されていたのを堪能できます…。

記憶が定かではありませんが、確実に1000円以上を払って見たと思います。


水墨画と群青色と緑青のイメージが強い作品です。

そのイメージを頭の中に残しつつ、巻頭と巻末に書かれている文章を読むとさらにイメージが増長しますョ。

ko-taro-は、仕事の休憩時間の合間によんだので、一気に読むことができませんでした。

興味のある方は、一気に読んでしまうことをおすすめします。



















  

Posted by ko-taro- at 22:17Comments(0)

2018年07月29日

「出羽三山」について

こんばんは三日月

ご無沙汰しております…。

今回は、「出羽三山」 山岳信仰の歴史を歩く 岩鼻 通明 著 岩波新書 です。本

ko-taro-は、子供のころ「月山」に行ったことがあります。

なにしろ、子供のころの記憶です。

子供の顔くらいあるでっかいおにぎりと、真夏なのに「雪」雪だるまが残っていて、冷蔵庫の中にいるような寒さの記憶しかありません。

懐かしさのあまり、読んでみようかなぁ~。と思ったので買ってしまいました。


読んでみると、岩波新書なのでやっぱり格調高いです。

ちょっと、一般の人が読むには難しいです。

多分著者は、一般の人向けにわかりやすく書いていると思われますが。

興味がないと、さすがに読む気にはならないかも…。

だから、写真や絵図を多用しているのだと…。



山伏というと、時代劇などでみた、あの装束しか思い浮かばないのですが…。

山伏にも、いろいろとあるみたいで、なんか複雑でした。

人々が、「富士山」に上るのも、一種の山岳信仰の名残かなぁ~。と思ったりもします。

山岳信仰の歴史と文化は、門外不出というか、秘密にされてきた部分があるので、全容の把握は難しいですが、凄く奥深いです。ハートウィンク








  

Posted by ko-taro- at 23:23Comments(2)

2018年07月11日

「稲の日本史」について







こんばんは三日月

今回の本は、「稲の日本史」 佐藤 洋一郎  著 角川ソフィア文庫 です。本

この本は、本屋さんで立ち読みしていて、ついつづきが読みたくなって買いました。しっしっし


子供のころに習った、縄文時代の歴史、弥生時代の歴史は、ひょっとしたら間違っているのかも…。

と、思う内容の本です。

縄文時代に、米が存在していたらしい…。

しかも、弥生時代の稲作文化は、教えられたこととはかけ離れている可能性があるらしい…。

これだけで、ko-taro-の好奇心を鷲づかみです。びっくり


それにしても、科学の進歩はすごいですね。

2000年も前の、炭化した米粒からDNAを分析できるなんて。


以前よんだ、「なまこの眼」と言う本で、歴史の教科書に書かれている以上に、大昔から文化の交流や貿易みたいなものが存在していたのではないか?

と思っていたので、いろいろな可能性を考えるのも、一理あるのではないでしょうか?

決定的な証拠が発掘されれば、この本に書かれていることが、歴史の教科書の一頁になるかもしれません…。ウィンク







  

Posted by ko-taro- at 23:12Comments(0)

2018年07月02日

「他諺の空似」について

こんにちは 雲

久々に投稿します。

今回は、「他諺の空似」 ことわざ人類学 米原万里 著 中公文庫 です。 本

ko-taro-の好きな作家さん、いや、通訳さんです。


この人との出会いは、新聞の書評が、ko-taro-の「好奇心」をかきたてました。

その本は、「マイナス50度の世界」 角川ソフィア文庫です。

この世に、マイナス50度の世界が地球上に存在する…。雪

業務用の冷凍庫より寒い世界とは、一体!

どんな世界だろうか…?そんなところで、人間は生きてゆけるのだろうか…?

読んでみたら、写真やイラストも多くて、読みやすかったので、そこからこの著者にハマりました。


この著者の本は、数冊読みましたが。

「旅行者の朝食」は、面白かったです。おすすめです。


あっ、本題からずれてしまった…。笑顔汗

この本の感想を書かなければ!


サブタイトルに、ことわざ人類学とありますが…。

世界各国・各地には、似たようなことわざがいっぱいあることに、驚きます。びっくり

そのどれもが、人間の真理をついているというか…。

それから、それに絡めて、政治批判もさりげなく入ってきます…。

今の与党議員さんたちが読んだら、耳が痛い、いや、目が痛いかも…ベー

当時の出来事を思い出しながら読みました。

今の新聞に物足りないもの…。

この本は、持っています。

新聞屋さんには、政府の広報紙にだけはならないように望みたいです。


この人が、お亡くなりになったのは本当に、残念です。

この人が、今の日本の政治を見たら、どのようなエッセーを書くのか読んでみたかったです。




  

Posted by ko-taro- at 13:20Comments(0)