2018年01月13日

「遠い山なみの光」について

こんばんは。三日月

今回は、「 遠い山なみの光」 カズオ イシグロ 著 小野寺 健 訳ハヤカワ文庫です。本

そうです。ノーベル文学賞を受賞した作家さんの本です。

ニュースで話題になり、書店では、大々的にコーナー化されて
いましたが…。

ブームと言うのか…?
時間とともに縮小されて、本屋さんの文庫コーナーの片隅に追いやられ。

熱しやすく、冷めやすい国民性の性ですかね?
なんとも、さみしい限りです。


そんなことはさておき。

読んでみると…。
戦後間もない長崎が、この小説の舞台です。
ko-taro-は、この時代を想像してしまったせいか、登場人物や背景が
頭の中で、モノクロ映画のようになってしまいました。

個性の強い、母娘との出会いが…。
そして、悦子と佐知子の会話のちぐはぐさがこの小説の魅力を引き立てます。

日本人の作家さんですが、日本人の書く小説と一味違う雰囲気を醸し出している小説だと思いました。  

Posted by ko-taro- at 21:30Comments(0)

2018年01月02日

「殺したい蕎麦屋」について

こんばんは三日月

あけましておめでとうございます。

今回の本は、「殺したい蕎麦屋」 椎名 誠 著 新潮文庫 です。<img src="http://boo-log.com/img/face/195.gif" style="width:15px;height:15px;margin:0px;padding:0px;border:0px;vertical-align:text-bottom;" alt="本" title="本"/>

タイトル見ると、ちょっと「ドキッ」としますが…。

ko-taro-の好きな作家さんです。にこにこ


椎名 誠さんのエッセーは、今まで数冊読みました。

そんな中でも、今回は共感することが多かった1冊です。


犬の生活も、鎖でつながれ…?

あっ、最近はそんな姿はあまり見かけなくなったなぁ。

家の中で飼われたり、散歩で雨が降っているときは、合羽のようなもの着ていたり…。

まさしく、家族同然!!

のように生活している犬のほうが多いのかな?

でも、さまざまな理由で飼えなくなり、殺処分される犬も多いのもまた事実。

海外で生活している犬たちは、モンゴルの草原を駆けまわったり…。

極寒の地で、力強く生きている犬。

血統書など、無縁の犬たちです。

狭い空間に、閉じ込められることなく…。

人間に極端に束縛されることもなく自由に生きている…。

犬にとって、どっちが幸せなのか、「犬」に聞いてみなければわかりませんが。

ko-taro-が、もし犬だったら「束縛されることなく自由に」生きたいです。


タイトルの殺したい蕎麦屋の段は、

駅の立ち食い蕎麦屋なら、500円も出したらお釣りが来そうな量なのに、なぜ、そんなに高いのか…?

しかも、蕎麦屋に合わないBGMがかかっていたら…。

考えただけでも、ko-taro-だったら2度目はありません…。

こだわりも、度が過ぎるとお客にとっては不愉快極まりないんですね。

ko-taro-は、そういうお店に入ったことがないので、無縁かな?

でも、飲食店で一人前税込千円超えるとちょっと抵抗があります。

最近のカップラーメンや冷凍食品と、ついつい比べてしまい、はたしてそれだけの値段を払って食べる価値があるのか…?

と思ってしまうことがよくあります。



  

Posted by ko-taro- at 22:29Comments(0)

2017年12月12日

〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓について

こんばんは三日月

今日は、寒いですね。ペンギン

日本海側では、大雪で大変です。雪

今年は、雪が多そうですね。

車の運転気をつけなければ…。


さて、今回の本は、〈ひとり死〉時代のお葬式とお墓 小谷 みどり 著 岩波新書 本です。
この本を買った理由は、「タイトル」に凄く興味があったからです。

ko-taro-の両親も、高齢で近い将来、避けて通れないテーマなので。

こんなこと書いているko-taro-自身が、自分が死んだらどうしたらいいのかなぁ?と思ったので。


「終活」なんて言葉や、テレビを見ていると、たまに葬儀会館のCMをみたり、聞いたりするようになりました。

今の時代は、親戚付き合いや地域社会、近隣住民のつながりが希薄になってきて、火葬のみのお葬式や、共同墓地に納骨したり、

身寄りがいても、遺骨の引き取りがない場合もあるそうです。目

お葬式やお墓も、時代の変化に対応しきれていないさまざまな問題点が見えてきます。


この著者の結論は、死後を託せる人を探し、信頼関係を築いておくことが、元気なうちにできる自助努力であり、生前準備なのではないだろうか?
と書いていますが…。

ko-taro-の意見は、ちょっと違います。

乱暴な言い方をすれば…。

今の時代、お葬式やお墓について、これだけ問題点が出てきたならば。

「葬送税」なるものを作って、国民から均等に税金を徴収し、各自治体で葬儀やお墓の運営・管理ができる制度を作ったほうがよいと思いました。  

Posted by ko-taro- at 18:27Comments(2)

2017年12月10日

「番外編」(^-^)

こんばんはにこにこ

『まちクルブログ』でも、たまに「番外編」を書いていましたが…。

Boo-logでは、どうなんでしょうか…?

「番外編」は、まちクルブログでは意外と好評だったので,Boo-logでも書いてみようと思います。


よく、スーパーなどで、「駅弁大会」など開催されますが。

駅弁の横綱、「峠の釜めし」が販売されますよね…。

当日製造の、時間限定販売の、あの「釜めし」です。


その釜めしを、ネタにするわけではありませんョ。にこにこ

その、益子焼の容器を使ってですね、今回「ご飯」をたいてみたんですよ。

ko-taro-、初めてやってみたんです。

ご飯の分量を、どれくらいいれていいものなのか…?

どれくらいの時間で、炊き上がるのか…?

火力は、どれくらいなのか…?

わからないことばかりで、「失敗してもいいや!」とおもって…?


どうしても、晩酌の後に一品食べたくて…。

良く、締めに「ラーメン」や「お茶漬け」を食べるひとがいますよね。

あの気分が、ko-taro-の心の中を駆け巡ってきて、衝動が抑えられず。


やってみました。

お米の分量は、いつも使っている計量カップの半分で。

水の量もいつもの半分で。

本当に、ガスコンロでうまくできるのか…???

10分ぐらいすると、水が沸騰してきて、容器からあふれ出してきました。


子供のころに、「水が沸騰して容器から溢れ出てきても、ふたはあけるな、火力を調整しろ」と言われたことを思い出しました。

聞いただけで、その時実際にやっていないので、「ふ~~~~~ん」と、ただ聞いていただけですが。

これが、役にたちました。(^-^)


子供のころに、教えられたことはたいしたものです。

30分弱で、「ご飯が炊けました」

電気炊飯器で、炊くより早くできました。

しかも、お米が立っていて…。

ちょっと、「お焦げ」もできましたが…。


締めは、卵かけご飯にして食べました。

『お釜』で炊くと、普段食べているご飯が、まったく違うことに驚きました…。目

うまくいったので、次回もやってみようと思いました。おにぎり



  

Posted by ko-taro- at 22:48Comments(0)

2017年11月29日

「コーヒーの科学」について

こんばんは三日月

今回の本は、『コーヒーの科学』 旦部幸博 著 講談社ブルーバックスです。本
普段、何気なく飲んでいるコーヒー。コーヒー

美味しく飲めれば良いと、何も考えていなかったko-taro-。

科学的に、いろいろな角度から分析すると、コーヒーという飲み物は、
このように知的な代物に代わるんですね…。

ko-taro-は、ビックリしました。目

以前は、イースタントコーヒーで満足していましたが。(メーカー名はいえませんが)。
家電量販店で、コーヒーメーカーを買ってから変わりました。
ほんの少しこだわって、イースタントコーヒーには違いないのですが、
ドリップ式のコーヒーに変えました。
ブラックで飲むと、刺激がちょっとつよいので、ミルクを少々入れますが…。
砂糖なしで飲めるようになりました。

何よりも驚いたのは、同じコーヒー豆でも、ひき方や焙煎の仕方、
コーヒーの入れ方によって、全く別物になってしまうということです。目目

難しい用語や、苦味成分のことだったり、出てきますが、そこをとばして、興味のあるところだけ読んでも良いかと思います。元気

今まで飲んでいたコーヒーが、違う味に感じられるようになると思いますよ。ハートウィンク  

Posted by ko-taro- at 20:42Comments(0)

2017年11月10日

『食品サンプルの誕生』について


こんにちは晴れ

「まちクルブログ」からお引っ越し投稿第1回目は、『食品サンプルの誕生』 野瀬 泰申 著 ちくま文庫です。本

「まちクルブログ」でも、このスタイルでやっていたので、よろしくお願いいたします。

『食品サンプル』と言う、珍しいタイトルに惹かれて、つい、買ってしまった本です。


表紙を開くと…。

食品サンプルの変遷・食品サンプルができるまでのカラー写真が目に飛び込んできます。

本物そっくり、いや、それ以上の出来栄えかもしれません。

これに、香りや湯気がったっていたりしたら区別するのは、ほぼ困難なぐらいでしょう。


そもそも、食品サンプルは、いつ頃からあったのか?

一体だれが始めたのか?

という話から始まります。

「見るメニュー」と言うのは、日本人にとって日本人の日常に溶け込んでいて、何の違和感も感じません。

しかし、これは日本独自のもので、世界には類がないらしい。


レストランなどで、何気なく見ていた食品サンプルの「技術や進化」は、想像以上に奥が深くて読んでいてko-taro-は
面白かったです。にこにこ

食べ物に興味のあるかた、表紙をめくってカラー写真だけでも見てみてください。




  

Posted by ko-taro- at 15:51Comments(0)

2017年11月08日

まちクルブログから引っ越してきました。

こんばんは、

はじめまして。

ko-taro-と申します。

まちクルブログから、引っ越してきました。

これから、ko-taro-が読んだ本を、感想書きながらブログに載せていこうと思っています。

よろしくお願いいたします。  

Posted by ko-taro- at 20:12Comments(0)