2018年07月11日

「稲の日本史」について







こんばんは三日月

今回の本は、「稲の日本史」 佐藤 洋一郎  著 角川ソフィア文庫 です。本

この本は、本屋さんで立ち読みしていて、ついつづきが読みたくなって買いました。しっしっし


子供のころに習った、縄文時代の歴史、弥生時代の歴史は、ひょっとしたら間違っているのかも…。

と、思う内容の本です。

縄文時代に、米が存在していたらしい…。

しかも、弥生時代の稲作文化は、教えられたこととはかけ離れている可能性があるらしい…。

これだけで、ko-taro-の好奇心を鷲づかみです。びっくり


それにしても、科学の進歩はすごいですね。

2000年も前の、炭化した米粒からDNAを分析できるなんて。


以前よんだ、「なまこの眼」と言う本で、歴史の教科書に書かれている以上に、大昔から文化の交流や貿易みたいなものが存在していたのではないか?

と思っていたので、いろいろな可能性を考えるのも、一理あるのではないでしょうか?

決定的な証拠が発掘されれば、この本に書かれていることが、歴史の教科書の一頁になるかもしれません…。ウィンク







  

Posted by ko-taro- at 23:12Comments(0)

2018年07月02日

「他諺の空似」について

こんにちは 雲

久々に投稿します。

今回は、「他諺の空似」 ことわざ人類学 米原万里 著 中公文庫 です。 本

ko-taro-の好きな作家さん、いや、通訳さんです。


この人との出会いは、新聞の書評が、ko-taro-の「好奇心」をかきたてました。

その本は、「マイナス50度の世界」 角川ソフィア文庫です。

この世に、マイナス50度の世界が地球上に存在する…。雪

業務用の冷凍庫より寒い世界とは、一体!

どんな世界だろうか…?そんなところで、人間は生きてゆけるのだろうか…?

読んでみたら、写真やイラストも多くて、読みやすかったので、そこからこの著者にハマりました。


この著者の本は、数冊読みましたが。

「旅行者の朝食」は、面白かったです。おすすめです。


あっ、本題からずれてしまった…。笑顔汗

この本の感想を書かなければ!


サブタイトルに、ことわざ人類学とありますが…。

世界各国・各地には、似たようなことわざがいっぱいあることに、驚きます。びっくり

そのどれもが、人間の真理をついているというか…。

それから、それに絡めて、政治批判もさりげなく入ってきます…。

今の与党議員さんたちが読んだら、耳が痛い、いや、目が痛いかも…ベー

当時の出来事を思い出しながら読みました。

今の新聞に物足りないもの…。

この本は、持っています。

新聞屋さんには、政府の広報紙にだけはならないように望みたいです。


この人が、お亡くなりになったのは本当に、残念です。

この人が、今の日本の政治を見たら、どのようなエッセーを書くのか読んでみたかったです。




  

Posted by ko-taro- at 13:20Comments(0)