2018年01月13日

「遠い山なみの光」について

こんばんは。三日月

今回は、「 遠い山なみの光」 カズオ イシグロ 著 小野寺 健 訳ハヤカワ文庫です。本

そうです。ノーベル文学賞を受賞した作家さんの本です。

ニュースで話題になり、書店では、大々的にコーナー化されて
いましたが…。

ブームと言うのか…?
時間とともに縮小されて、本屋さんの文庫コーナーの片隅に追いやられ。

熱しやすく、冷めやすい国民性の性ですかね?
なんとも、さみしい限りです。


そんなことはさておき。

読んでみると…。
戦後間もない長崎が、この小説の舞台です。
ko-taro-は、この時代を想像してしまったせいか、登場人物や背景が
頭の中で、モノクロ映画のようになってしまいました。

個性の強い、母娘との出会いが…。
そして、悦子と佐知子の会話のちぐはぐさがこの小説の魅力を引き立てます。

日本人の作家さんですが、日本人の書く小説と一味違う雰囲気を醸し出している小説だと思いました。

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。