2018年03月20日

「大地の子 四」について

こんばんは傘

前回のつづきです。

「大地の子 四」 山崎 豊子 著 文春文庫本 です。

大地の子、読み終えました。しっしっし

読み終えた全体の感想は、著者の気迫のこもった、

読み疲れしない…。

読み飽きない…。

つづきが気になる!

凄い本でした。

長編小説は、読み疲れしたり、飽きたりしてくるので、どんな本でも最後まで読み切ることを目標にしているko-taro-は

無意識に避けていたような気がします。

だからこそ、この本はたくさんの人たちに読んでほしいと思いました。

ko-taro-、本を読み終わるころには涙がこみ上げてきました。

それから、巻末の取材協力や参考文献の多さにも驚きますよびっくり


この記事へのコメント
はじめまして

私もこの本をもう何年も前に読みました。
NHKでも上川隆也主役でドラマ化されてましたね。
本を読んでから、TVを見たのですが少し本とかけ離れていた
処があり残念だった思いがありました。
スケールの大きな作品でしたね。
Posted by 宮 at 2018年03月20日 20:05
こんばんは

はじめまして

コメントありがとうございます。

ko-taro-は、「ドラマ」みていて、涙が止まらなくなりましたが…。

原作は、もっと凄かったです…。

原作読んで、よかったと思っています。
Posted by ko-taro-ko-taro- at 2018年03月21日 21:12
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。