2018年07月29日

「出羽三山」について

こんばんは三日月

ご無沙汰しております…。

今回は、「出羽三山」 山岳信仰の歴史を歩く 岩鼻 通明 著 岩波新書 です。本

ko-taro-は、子供のころ「月山」に行ったことがあります。

なにしろ、子供のころの記憶です。

子供の顔くらいあるでっかいおにぎりと、真夏なのに「雪」雪だるまが残っていて、冷蔵庫の中にいるような寒さの記憶しかありません。

懐かしさのあまり、読んでみようかなぁ~。と思ったので買ってしまいました。


読んでみると、岩波新書なのでやっぱり格調高いです。

ちょっと、一般の人が読むには難しいです。

多分著者は、一般の人向けにわかりやすく書いていると思われますが。

興味がないと、さすがに読む気にはならないかも…。

だから、写真や絵図を多用しているのだと…。



山伏というと、時代劇などでみた、あの装束しか思い浮かばないのですが…。

山伏にも、いろいろとあるみたいで、なんか複雑でした。

人々が、「富士山」に上るのも、一種の山岳信仰の名残かなぁ~。と思ったりもします。

山岳信仰の歴史と文化は、門外不出というか、秘密にされてきた部分があるので、全容の把握は難しいですが、凄く奥深いです。ハートウィンク









この記事へのコメント
月山の雪とは、万年雪の事ですね。

あれは、すごいとしか、いいようがない。

まさかここで、故郷につながるとは、

思っても、見ませんでした。
Posted by とんぼとんぼ at 2018年07月29日 23:40
こんばんは

コメントありがとうございます。

子供のころに、「月山」に行ったのは 母がたの親戚が
山形にいるので…。

なにしろ、寒かった記憶と、そこで食べたでっかいおにぎりが鮮烈に頭の中に残っています。

あと、蔵王山にも行きました。
「お釜」は、今でも記憶にしっかりと残っています。
そこでは、赤とんぼの大群をみて、感動したのを覚えています。
Posted by ko-taro-ko-taro- at 2018年07月30日 22:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。