2018年08月02日

「唐招提寺全障壁画」について


こんばんはがーん

夜なのに、この暑さはいったいなんでしょう….がーん

熱帯雨林の中にいるようです。


さて、今回は「唐招提寺全障壁画」 東山 魁夷 小画集 東山 魁夷 著 新潮文庫 です。本

去年の今頃、豊田市美術館で、東山 魁夷の作品の展示があったので、見にいきました。

精神的に疲れてもいたので、癒しを求めて…。


豊田の地方の美術館の展示なので、そんなに混んでいないだろう…。と

気楽な気持ちで、見に行ったらビックリ目

平日なのに、人がいっぱいで、昼間の最も暑い時間に行ったのに。

意外と通路が狭かったので、乗り物酔いみたいな感覚におそわれました。

美術館は静かでゆったりと観賞できるものだと勝手に思い込んでいたので…。

こういうこともあるんですね…。

観賞し終わって、関連グッズのコーナーで、本が売られているのを見つけて。

買ったのが、この本です。

そういえば…。

以前、安城で伊東若冲の展覧会も見に行ったときも、同じ感覚でした。

そこでも関連グッズが販売されたいましたが、

そこでは、万単位の本も売られていました。

話がそれましたが、750円(本体価格)で、美術館で展示されていたのを堪能できます…。

記憶が定かではありませんが、確実に1000円以上を払って見たと思います。


水墨画と群青色と緑青のイメージが強い作品です。

そのイメージを頭の中に残しつつ、巻頭と巻末に書かれている文章を読むとさらにイメージが増長しますョ。

ko-taro-は、仕事の休憩時間の合間によんだので、一気に読むことができませんでした。

興味のある方は、一気に読んでしまうことをおすすめします。




















上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。