2018年10月02日

「隠し剣 孤影抄」について

こんにちは太陽

今回は、「隠し剣 孤影抄」 藤沢周平 著 文春文庫です。本

ko-taro-の得意分野ではありません。(得意分野は、何だろう…?今、ふと考え込んでしまいましたが…がーん



ko-taro-は、時代劇は好きなので、テレビ放送があるとよく見ていました。

なので、時代小説は読んでいても苦になりません。


この本は、八編からなる時代小説です。


藤沢周平さんのこの作品は、主人公が剣の使い手でありながら、どこか影を持っていたり、人間の弱い一面をさらけだしています。

大河ドラマに出てくる主人公や勧善懲悪の時代劇とは、全く違った雰囲気を持っています。

うまく表現できませんが、読んでいてホッとしたり、すごくむなしくなったり…。する小説です。

興味のある方は、自分の目で確かめて見てくださいね…。元気






上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。