2018年10月25日

「ソーメンと世界遺産」について

こんにちは晴れ

今回の本は、『ソーメンと世界遺産』 ナマコのからえばり 椎名 誠 著 集英社文庫です。

椎名 誠 さんのエッセイは、好きなので今までにも数冊読んでいます。

今回も、クスクスと笑いながら読みました…。にこにこ

「交通安全週間の偽善」では、確かに交通安全を呼び掛けるパレードで、交通事故が減るのであれば意味があるのだろうけれど

交通の邪魔になるようなことは、やめたほうがいいよなぁ。とおもったり。

あっ、話は私事になりますが、

つい最近、ある田舎の地区の直線道路で、朝っぱらからしかも通勤時間帯に、ネズミ捕りをお巡りさんたちがやっているんです。

お巡りさんもお仕事でしょうが…。

その道を車で走っている、一般市民も、お仕事で急いでいるのですョ!

お巡りさんのやっていることは、嫌がらせとしか思えません。

普段なら車がスムーズにながれる道路が、ノロノロ運転で数珠つなぎになっていました。怒った

お巡りさんに、一言いいたい、「理不尽なことはやめていただきたい」

このエッセイ読んでいたら、つい、思いだしてしまった。

「友好安心距離」では、へ~~っ、知らなかった。と関心したり。

「履歴書の趣味欄」では、そもそも、履歴書って必要なのか?とおもったり。

この本のタイトルの「ソーメンと世界遺産」では、地球という惑星全体を「人類遺産」として考えなきゃいかんよという言葉に
納得したり。

楽しく読むことができました。

また本屋さんに行って、椎名誠さんの著書を探して買って読もうと思います。





上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。