2019年01月11日

「ぼくがいま、死について思うこと」について

こんにちは太陽

今回は、「ぼくがいま、死について思うこと」 椎名 誠 著 新潮文庫 です。本

椎名 誠さんの著書を本屋さんで探していて、

すごく、意味深なタイトルだな…?と思って、購入しました。



昔は、50歳過ぎると今の高齢者の人たちに比べ、かなり老けて見えた記憶があります。

その年にko-taro-もなってきて、つい、「いつ死んでもおかしくないよなぁ…」と、

最近、ko-taro-も考えることがあって。

でも、いつか来るであろう「死」にたいして、ず~~~と先のことだと思ったり。

ko-taro-の心の中も複雑です。

それも、この本を買った理由のひとつです。


タイトルは、意味深ですが、難しく書いてはいません。

今の椎名さんの「死」について思っている気持ちをそのまま書いている本です。

世界各国の「葬儀」の仕方について書かれているところや「死者」への向き合い方の違い…。

それを通して、自身の理想の最期とは…?を語っています。

ko-taro-が、普段読んでいる 椎名 誠さんのエッセーとは、一味・二味も違う作品でした。元気




Posted by ko-taro- at 15:35│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。