2018年02月28日

「大地の子 二」 について

こんばんはくもり

今回は、前回のつづきです。

「大地の子 二」 山崎 豊子 著 文春文庫 本 です。

一巻目は、陸 一心の 戦争孤児になってから労改での過酷な状況について書かれていました。


二巻目は、その労改から救いだされ新たな人生を歩み出します。
(この労改から救いだされること事態、奇跡的ですが。)

日本人の血が流れていることが…。
日中共同の大プロジェクトに加えられます。

そして、陸 一心 との血のつながりがもっとも強い人が、目の前に現れます。

あまり詳しく書くと…。

というか、筋道立てて説明するのが、ko-taro-は苦手なので。

下手くそな感想を読んで、興味をもたれた方が、もし、いたならば。

是非、読んでみてください。

今のテレビの「ドラマ」より、奥深くて…。

本好きのko-taro-も、読み応えがあります。
つづきが楽しみです。にこにこ








この記事へのコメント
Ko-taro-さん
グランパです。
お久しぶりです。
私も2月27日からBoo-logで始めました。
また、Ko-taro-さんの読書感想文が楽しみです。
Posted by グランパグランパ at 2018年03月03日 08:39
こんばんは
コメントありがとうございます。

ko-taro-の「ブログ」を見てくださる人が、いると思うと。
励みになります。

この本は、何か…。
何と言って良いのだろうか…?
作者の強い、非常に強い。
何かを伝えようとする情熱が伝わってくる本です。
Posted by ko-taro-ko-taro- at 2018年03月03日 19:44
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。